ホーム 栄養 座っていることは健康に悪すぎますか?

座っていることは健康に悪すぎますか?

1066

現代社会は座るように設計されています。

その結果、人々はこれまでよりも多くの時間を座って過ごすようになりました。

しかし、座りすぎが健康に悪影響を及ぼす可能性があるのではないかと疑問に思われるかもしれません。

この記事では、座ることが健康に悪いかどうかを説明します。

座っていることは健康に悪すぎますか?

 

人々はこれまで以上に座っている

座ることは一般的な体の姿勢です。人々は仕事、社交、勉強、旅行などをするとき、座って行うことがよくあります。

ただし、これは、座ったりその他の座りっぱなしの行動が無害であることを意味するものではありません。平均的な人は 1 日の半分以上を、座ったり、運転したり、机で仕事したり、テレビを見たりするなどの活動に費やしています。

実際、典型的な会社員は 15 日に最大 3 時間を座って過ごすことがあります。対照的に、農業従事者は XNUMX 日あたり XNUMX 時間程度しか座っていません (、)。

概要

座ることは一般的な姿勢ですが、現代社会ではこの姿勢が重視されすぎています。平均的なオフィスワーカーは、15 日に最大 XNUMX 時間を座って過ごします。

 

座っていると消費カロリーが制限される

立ったり、歩いたり、動いたりするなど、運動以外の日常の活動でも燃え続けます。

このエネルギー消費は非運動活動熱産生 (NEAT) として知られており、NEAT の欠如は () の重要な危険因子です。

座ったり横になったりするなどの座りがちな行動では、エネルギー消費はほとんどありません。 NEATのおかげで消費カロリーが大幅に制限されます。

これを大局的に考えると、農業従事者はオフィスで働く人よりも 1 日あたり最大 000 カロリー多く消費できることが研究で報告されています ()。

実際、農場労働者はほとんどの時間を歩いたり立ったりして過ごします。

概要

座ったり横になったりすることは、立ったり動いたりするよりもはるかに少ないエネルギーを消費します。これが、会社員が農場で働く人よりも 1 日あたりの消費カロリーが最大 000 カロリー少ない理由です。

 

座っていると体重増加のリスクが高まる

消費カロリーが少ないほど、体重が増える可能性が高くなります。

座りっぱなしの行動が肥満と密接に関係しているのはこのためです。

実際、研究によると、肥満の人は標準体重の人よりも毎日平均 2 時間長く座っています ()。

概要

長時間座っている人は過体重または肥満になる可能性が高くなります。

 

座り続けることと早死に関係がある

100万人以上の観察データによると、座りっぱなしの時間が多いほど、早期に死亡する可能性が高くなります。

実際、座ることが多い人は、早期死亡のリスクが 22% ~ 49% 高かった (, )。

しかし、大多数の証拠がこの発見を裏付けているにもかかわらず、ある研究では、座って過ごす時間と全体的な時間との間に関連性が見出されなかった()。

この研究にはいくつかの欠陥があり、それがおそらくこの分野の他のすべての研究と矛盾する理由です。

概要

証拠は、座りっぱなしの行動が早期死亡のリスクのはるかに高いと相関していることを示唆しています。

 

座りっぱなしの行動は病気と関連している

座りっぱなしの行動は、30 型リスクの 112% 増加や心臓病リスクの 2% 増加など、147 以上の慢性疾患や状態と一貫して関連しています (、)。

研究によると、1 日あたり 500 歩未満しか歩いたり、カロリー摂取量を減らさずに長時間座ったりすると、血圧が大幅に上昇する可能性があり、これが 2 型糖尿病の重要な要因となります (, )。

研究者らは、座りっぱなしのライフスタイルがインスリン抵抗性に直接影響を与える可能性があると考えています。この効果は最短 1 日で現れる可能性があります。

概要

長時間座りっぱなしの行動は、2 型糖尿病や心臓病などの健康上の問題のリスクを高めます。不活動はインスリン抵抗性の発症に直接的な役割を果たしていると考えられています。

 

運動してもリスクを完全に排除できるわけではない

定期的な運動は常に推奨されていますが、座りすぎによる健康リスクを完全に相殺できるわけではありません。

ある研究では、さまざまな運動プロトコルに従って18人の代謝マーカーを測定しました。 XNUMX 時間の激しい活動は、他の時間を座って過ごした場合、不活動の悪影響を補うことはできませんでした ()。

さらに、47件の研究をレビューしたところ、運動レベルに関係なく、長時間座っていることは健康への悪影響と強く関連していることがわかりました()。

予想通り、ほとんど運動をしない人にとっては悪影響はさらに大きかった。

概要

身体を動かすことは非常に有益ですが、運動だけでは座ることによる悪影響を完全に相殺できるわけではありません。

結論

西洋社会の人々は座って過ごす時間が多すぎます。

リラックスすることは有益ですが、勤務中に座って過ごす時間を最小限に抑えるように努めるべきです。

オフィスで仕事をしている場合、解決策の 1 つは、勤務中に数回短い散歩をすることです。

座りっぱなしの時間を最小限に抑えることは、定期的な運動と同じくらい健康にとって重要です。

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください