ホーム 栄養 ココナッツオイル:健康に良いのか

ココナッツオイル:健康に良いのか

747

ココナッツオイルは過去 10 年間で爆発的に人気があり、特に健康志向の食通の間で他のオイルに比べて健康上の利点がもたらされています。レシピから洗剤、スキンケア製品まであらゆる製品に使われているようです。しかし、過去1年ほどにわたって、個人の開業医や米国心臓協会などの機関は、この特定のオイルの摂取に伴う健康について懸念を表明し、オイルがもたらすプラスの効果はそれほど多くない可能性があると述べています。このため、私たちのほとんどは、ココナッツオイルが実際に私たちの味方なのか敵なのか疑問に思いました。すべての良い話には常に 2 つの側面があり、ここではココナッツ オイルに対する賛成派と反対派の議論を説明します。最終的に裁判官になるのはあなたです!

引数

ココナッツオイルには飽和脂肪が多く含まれています。米国心臓協会によると、飽和脂肪を多量に摂取すると、LDLコレステロール(「悪玉」コレステロールとして知られる)レベルが上昇し、心臓病のリスクが高まります。

C

確かにココナッツオイルには飽和脂肪が多く含まれていますが、飽和脂肪に関してはラウリン酸脂肪酸と非ラウリン酸脂肪酸の比率をさらに深く掘り下げて考慮する必要があります。これは健康問題におけるパフォーマンスに影響を与えるからです。ココナッツオイルには他の植物油よりもラウリン酸種がはるかに豊富に含まれているため、これがココナッツオイルのHDLコレステロール(「善玉」コレステロールとして知られる)にプラスの影響を与える能力に役割を果たしている可能性があります。一般に、食事中に少し脂肪を含むのは良いことです。脂肪は脳をサポートし、ビタミンを吸収し、健康な髪、皮膚、爪をもたらします。

引数

ココナッツオイルは室温では固体であり、独特のココナッツの味があるため、調理にはあまり望ましくない場合があります。

メートル

ココナッツオイルはサラダドレッシングなどのレシピに最適な媒体ではありませんが、室温では固体であるため、バターなどの固体脂肪源を必要とするよく調理されたレシピの良い代替品となります。ココナッツオイルの風味は、特定の料理、特にタイカレーを引き立てることもあります。ココナッツの味が好きではないが、それでもココナッツオイルを使用したい場合は、より自然な味の精製された種類のオイルを選択してください。

引数

ココナッツオイルには、不飽和脂肪が多く、心疾患のリスクを軽減することが証明されている抗酸化物質が豊富に含まれる他の植物油ほど、他の健康促進化合物が豊富ではありません。

メートル

ココナッツオイルの高い飽和脂肪含有量に気を取られ、そのことを忘れてしまいがちですが、それは他の植物油よりも中鎖トリグリセリド(MCT)が多く含まれており、長鎖脂肪酸を摂取すると代謝が高まるなど、健康上のプラスの効果があるからです。トリグリセリド。さらに、いくつかの研究では、ココナッツオイルが抗菌剤として作用し、酸化ストレスを軽減し、血糖値の調節に役立つ可能性があることを示唆しています。

一般的な推奨事項

人間の参加者の食事を真に分離しない限り、食事に対するココナッツオイルの効果、特に長期的な効果に関する研究は限られています。したがって、すべての良いものと同様に、適度に楽しんでください。果物と野菜、全粒穀物、脂肪/油、赤身の肉が豊富な食事を摂取してください。ああ、砂糖と精製穀物も緩和してね?

この記事に記載されている意見は純粋に私個人のものであり、診断や治療を目的としたものではありません。食生活を大幅に変更する前に医師に相談してください。

ソース:

  1. ココナッツオイルは体に悪いですか?議論は複雑です -ハフィントンポスト
  2. 飽和脂肪: なぜココナッツについて大騒ぎするのでしょうか? - 米国心臓協会
  3. ココナッツオイルと健康 – ハーバード・ヘルス・エディション
  4. ココナッツオイルは健康に良くありません。彼は決して健康状態が良好ではありませんでした。 – 今日の米国

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください