ホーム 非クラッセ ライ麦パン: 栄養価が高くおいしい選択肢

ライ麦パン: 栄養価が高くおいしい選択肢

75

ライ麦パンは、その濃い色合いとしっかりとした味わいで、伝統的な白パンや通常の小麦に代わるおいしい代替品となります。この種類のパンは、その独特の味でよく愛されていますが、血糖コントロールの改善や心臓や消化器の健康促進など、さまざまな健康上の利点もあります。

品種の発見

ライ麦パンは通常、ライ麦粉とライ麦粒の混合物で構成されています。ライ麦パンにはいくつかのバリエーションがあり、それぞれに独特の味わいをもたらします。

  • 軽いライ麦パン: 白ライ麦粉のみを使用し、より繊細な食感を実現したパンです。
  • ダークライ麦パン: 全粒ライ麦から作られ、ココア、コーヒー、または糖蜜を加えることによって得られる、より強い風味が得られます。
  • マーブルライ麦パン: 明るいペーストと暗いペーストを芸術的に融合させ、視覚的に魅力的な大理石のような外観を作り出します。
  • 全粒粉ライ麦パン: ライ麦全粒を粗挽きにし、より素朴な食感を与えます。

米国では、ライトまたはダークのライ麦パンの組成に小麦粉が含まれることがよくあります。通常の白パンや小麦パンと比較して、ライ麦パンは密度が高く、濃い色で、素朴な味がすることで知られています。

関連記事: ライ麦パンは健康に良いですか?

栄養面での貢献

ライ麦パンは優れた栄養プロファイルを持っていますが、正確な組成は使用するライ麦粉の割合によって異なります。平均して、32 グラムのスライスで次の効果​​が得られます。

  • カロリー: 83
  • タンパク質: 2,7グラム
  • 炭水化物: 15,5グラム
  • グレース : 1,1グラム
  • 繊維: 1,9グラム
  • セレン: 18 日の価値 (DV) の XNUMX%
  • チアミン: DVの11,6%
  • マンガン: DVの11,5%
  • リボフラビン: DVの8,2%
  • ナイアシン: DVの7,6%
  • ビタミンB6: DVの7,5%
  • 銅: DVの6,6%
  • 鉄 : DVの5%
  • 葉酸塩: DVの8,8%

ライ麦パン

ライ麦パンには、亜鉛、パントテン酸、リン、マグネシウム、カルシウムなどの微量栄養素も含まれています。他のパンと比較して、ライ麦パンは食物繊維が豊富で、特にビタミンB群の栄養価が際立っています。

潜在的な健康上の利点

ライ麦パンを食べると、さまざまな健康面の改善に役立ちます。

1. 心臓の健康状態の改善

研究では、ライ麦パンを食事に取り入れると心臓病の危険因子を減らすことができることが示唆されています。 40人の参加者を対象とした研究では、ライ麦パンの摂取により総コレステロールとLDLコレステロールが大幅に減少することが示されました。

この有益な効果は、体からコレステロールを除去するのに役立つ可溶性繊維の含有量が高いことに起因します。

2. 血糖コントロール

ライ麦パンは、可溶性繊維とフェノール化合物が豊富で、血糖コントロールに効果があります。炭水化物の消化を遅くし、それによって血液中への糖の放出を調節します。ライ麦パンは血糖値の上昇を最小限に抑え、2型糖尿病患者にとって有益であることが研究で示されています。

3. 消化器の健康への利点

ライ麦パンは繊維含有量が高いため、健康的な消化を促進します。全粒粉パンと比較して、便秘の治療に優れた効果が実証されています。

ライ麦に含まれる可溶性繊維は短鎖脂肪酸の生成にも寄与し、体重減少や​​結腸がんの予防など、さまざまな利点をもたらします。

4. 持続する満腹感

ライ麦パンは、その可溶性繊維のおかげで、満腹感が長く持続します。研究によると、全粒ライ麦パンを食べる人は、精製小麦パンに比べて、1日を通して摂取カロリーが少ない傾向にあります。

その他の潜在的な利点

さらなる研究が必要ですが、ライ麦パンには次のような可能性があることが示唆されています。

  • 炎症を軽減します: 研究では、ライ麦パンの摂取と炎症マーカーの減少との相関関係が示されています。
  • 特定のがんから身を守ります。 予備研究では、ライ麦が前立腺がん、結腸直腸がん、乳がんなどのがんのリスクを軽減する可能性があることが示唆されています。

考えられるデメリット

ライ麦パンには利点があるにもかかわらず、いくつかの欠点がある場合があります。

  • 反栄養素: 一部の種類のライ麦パンには、ミネラルの吸収を妨げる可能性のある反栄養素であるフィチン酸が含まれています。
  • 膨満感: 繊維とグルテンの含有量が高いため、一部の敏感な人には膨満感を引き起こす可能性があります。
  • グルテンフリーの食事には適していません: グルテンを含むライ麦パンは、グルテンフリーの食生活を送っている人には適していません。
  • 添加された砂糖の存在: 市販のライ麦パンの中には砂糖が含まれている場合があり、食事に不要なカロリーを加えます。

自宅での準備

自宅でライ麦パンを作ることは、美味しくて栄養価の高いオプションです。簡単なレシピは次のとおりです。

成分:

  • インスタントドライイースト 小さじ1,5
  • ぬるま湯 1,5カップ(375ml)
  • 1ティースプーンの塩
  • ライ麦粉 1,5カップ(200グラム)
  • 全粒粉 1,5カップ(200グラム)
  • キャラウェイシード 小さじ1(お好みで)

指示:

  1. ボウルにイースト、塩、ライ麦粉、全粒粉、水を入れて混ぜます。
  2. 必要に応じて水を加え、滑らかになるまで生地をこねます。
  3. 生地が1倍になるまで発酵させます(2~XNUMX時間)。
  4. 生地を楕円形のパンに成形し、必要に応じてキャラウェイシードを加えます。
  5. 生地をパン型に入れ、再度発酵させます(1~2時間)。
  6. オーブンを425℃(220°F)に予熱し、パンを30分間焼きます。
  7. 食べる前にパンをラックの上で冷ましてください。

まとめ

ライ麦パンは、その多様性と健康上の利点により、バランスの取れた食事を求める人にとって賢明な選択肢として位置づけられています。心臓血管への効果、血糖値への影響、消化への効果など、ライ麦パンは満足のいく料理体験を提供します。ぜひ食生活に取り入れて、おいしいものを楽しんでください。

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください