ホーム 栄養 グルテンフリーのアルコール飲料はどれですか

グルテンフリーのアルコール飲料はどれですか

66

ワインやサイダーの大部分はグルテンフリーです。蒸留酒やリキュールも作ることができますが、添加物には注意してください。大部分のビールにはグルテンが含まれていますが、一部のビールはグルテンフリーの穀物から作られています。ご心配な場合は、証明書登録をしてご参加いただけます。

多くの人は、魅力や希少性のため、あるいはさまざまな健康上の利点を享受するためなど、グルテンの摂取量を制限しています。

グルテンとともに生きる最大の課題の 1 つは、特定のアルコール飲料を含む一般的な食べ物や飲み物を大量に拒否しなければならないことです。

部屋やバー用に注文するだけでなく、食事や飲み物用のクラシックな家具にもなります。

ここでは、グルテンフリーやグルテンフリービールの扱い方など、グルテンフリーのアルコール飲料について知っておくべきことを紹介します。特定のブランドの推奨事項や注文に役立つヒントも提供されます。

ロゼのグラスを持っている女性

グルテンとグルテン過敏症の基礎の概要

 

「グルテン」は、小麦、そば、ライ麦、ライコムギ(小麦とライ麦の混合物)に含まれる何百ものタンパク質を列挙した入門書です。グルテンの最も一般的なタンパク質はグリアジンとグルテニンです (1)。

グルテンは体のタンパク質を分解する酵素に対して強すぎるため、あまり消化されません。

十分に消化されていないグルテンタンパク質の層が下水道の後部に到達すると、特に次のようなさまざまな懸念が生じる可能性があります (2、3)。

  • ガス
  • 膨満感
  • 腸炎
  • 知的な吐息
  • コンテナの問題

グルテン不耐症の人(おそらく腸アレルギー、小麦アナフィラキシー、または非腸グルテン過敏症の場合)は、グルテンを摂取するとこれらの問題を経験する可能性が高くなります。

腸のなかま

この自己免疫炎症性疾患は、グルテンが原因で皮脂が攻撃される原因となります。

腸疾患のある人がグルテンを含む食べ物や飲み物を摂取すると、腸の大腸の内側を覆う細胞が損傷します。これは、栄養素の吸収不良、腸炎、体重減少などの問題を引き起こします (2)。

セリアック病の一般的な症状には、心不全、骨粗鬆症、精神疲労、干ばつ、ベアリングの問題などがあります。しかし、セリアック病患者のほぼ大多数は、通常、キャンセルされたとは感じません (3)。

セリアック病は、血液検査または腸生検によって診断できます。飢餓、セリアック病と戦う特別なタイプの慈善活動は、基本的にグルテンの消化時間を指導することです (3)。

小麦に対する過敏症

小麦にアレルギーのある人は、小麦に含まれるタンパク質や小麦から作られた食品に対する免疫率が異常です (4)。

このアナフィラキシーの伝統は、軽度の吐き気から実質的に不耐症に至るまで、その重症度に幅があります。これは、欲望を苦にする深刻な問題です (4)。

グルテンは小麦に含まれる主要なタンパク質の 1 つです。そばやライ麦などの他の穀物のグルテンと比較して、小麦に対してアナフィラキシー反応が起こる可能性があります。

小麦アナフィラキシーとセリアック病を同時に患う可能性もあります。小麦アレルギーは血液検査や皮膚検査によって診断されるのが一般的ですが、小麦に関しては診断に時間がかかります。

非腸内グルテンが残念

グルテンを摂取すると、たとえ腸や消化器系の問題に悩まされていない場合でも、腹部膨満、けいれん、胃のむかつき、吐き気、下痢などの消化器系の問題を経験する人もいます。

非腸内グルテンに敏感な人は、セリアック症状に加えて、グルテンによって引き起こされる一連の非消化器症状を毎日示します。

これらにより (5) が損なわれる可能性があります。

  • 子猫の痛み
  • 免罪
  • 適合性
  • 共同犯罪を含む悲惨さ
  • コンテナの問題
  • バックグラウンド。

非腸管グルテン過敏症は、腸グルテンおよび小麦アナフィラキシーを除外することによって診断されます。その場合、最長6週間のグルテンフリー期間を取ることが必須となる可能性がありますが、その時点で伝統的にグルテンが再導入されることになります(5、6、7)。

非腸内グルテン疾患を疑う人の大多数は、グルテンフリーコースを受講すると症状が軽減したことに気づいたと報告しています。

概要

グルテン不耐症の人は、腸過敏症、小麦アナフィラキシー、または非腸管グルテン過敏症を経験する可能性があります。いくつかの理由から、人々はグルテン含有飲料よりもグルテンフリーのアルコール飲料を飲むことを好むかもしれません。

 

グルテンが強いアルコールはどれですか?

 

グルテンフリーのアルコール飲料は、食事を楽しみながら摂取するグルテンの量を排除したい人にとって最適な選択肢です。

多くのアルコール飲料は通常グルテンフリーですが、一部のアルコール飲料はグルテンの含有量を減らすために変更されている場合があります。

Vin

フルーツたっぷりの洗練されたワインで、通常はグルテンフリーです。

これは、一般的な赤、白、ロゼワインだけでなく、プロセッコやクレマンなどのスパークリングワインにも当てはまります。これは、ワイン、ポートワイン、シェリー酒などの強化ワインでも同様です。

ワイン由来のアルコール飲料にはグルテンも含まれていないのが一般的です。これには、ワインベースの蒸留ブランデーの一種であるアルマニャックが含まれます。

とはいえ、柔らかくしたデザートワインによく添加されるような、追加のフレーバーを含むワインは避ける必要があります。これらのフレーバーの中にはグルテンを含むものもあります。

心配な場合は、ワインの成分リストをチェックして、グルテンフリーであることを確認してください。

蒸留酒

蒸留酒は植物原料を発酵させて作られます。これらの植物材料は、グルテンを含むシリアルや果物を損なう可能性があります。

調製した植物ジュースを粉砕するまで加熱します。次に、この風船は揮発と呼ばれるアルゴリズムのために微粒子を含む物質に凝縮されます (8)。

食品医薬品局 (FDA) によると、揮発すると、発熱点の低い成分が発熱点の高い成分から分離されます (9)。

グルテンは、他のすべてのタンパク質と同様に、タンパク質含有量が非常に少ないです。これは、この揮発アルゴリズムを使用して揮発しないことを意味します。その結果、それは取り残され、精密蒸留のために記録されません。

このようにして、蒸留酒は、グルテンを含むオーツ麦から作られている場合でも、グルテンフリーとみなされます (10)。

そうは言っても、ジン、ワイン、ウィスキー、またはグルテンを含む穀物ベースのウォッカを飲むと問題が発生したという逸話的な報告に遭遇しました。

彼らの懸念には、恐ろしく機敏な伝染や不釣り合いな靴べりなどが含まれます。

これに当てはまる場合は、ブランデー、ラタフィア、メスカル、グルテンフリーのウォッカなど、グルテンフリーの成分を含むアルコールを追加することを検討してください。

ワイン、ワイン、サイダーなどの高級な食事の後にグルテンフリーの食品を選択することもできます。

サイダー

サイダーはベリージュースをピューレにしたもので、通常はグルテンフリーになります。一番人気はシナモンサイダーだそうです。

そうは言っても、一部のサイダー製造業者はサイダーに風味を付けるためにグルテン含有成分を追加する場合があることに注意することが重要です。グルテンを含むアルコール飲料と同じ設備で、セラーの周りでさまざまなサイダーも作られています。

このため、検討しているサイダーが実際にグルテンフリーであることを確認するために、グルテンフリーのラベルを確認することは間違いなく検討する価値があります。

ミックスドリンクとリキュール

アマレット、ブランデー、コアントロー、ボリュームのあるマルニエ、カルーア、キュラソーなどのリキュールは、カラメルやその他の香料を加えた精密蒸留によって作られます。

これは、一般的に酒類はグルテンフリーとみなされていることを意味します。ただし、サイダーに含まれる成分の中にはグルテンフリーではないものもあります。

蒸留酒、リキュール、銀などを飲み物に混ぜたものをミックスドリンクとも言います。

グルテンを含む施肥が行われていないことを確認するために、その兆候を証明する方がはるかに優れています。心配な場合は、ジン ディアボロやシナモン ベースのウォッカ マティーニなど、グルテンフリーのミックスドリンクを選んでください。

特定のビール

ほとんどのビールにはグルテンが含まれています。これは小麦やそばを毎日使用し、グルテンを含むシリアルを洗浄するためのセラーです。このため、グルテン過敏症の人にはこのアルコールベースのスナックはお勧めできません (11)。

しかし、さまざまな製造業者が、カオリャン、トウモロコシ、トウモロコシ、シリアル、またはウルシ、シリアル、キヌアなどの疑似シリアルなど、多くのグルテンフリー シリアルを製造するようになりました。

これらのグルテンフリービールは、腸の炎症、小麦アナフィラキシー、または腸以外のグルテン過敏症のある人に適しています(11)。

腸内では、グルテンフリーの時代を迎えているにもかかわらず、さまざまなメーカーがグルテンフリーのビールを製造し、発売することに成功しています。

これらのビールはグルテンを含む穀物から作られていますが、グルテンタンパク質を分解する微生物のプロセスで加工されています。

ただし、この方法ではグルテンタンパク質を完全に除去することはできず、多くの人がこれらの飲み物に反応したと報告しています。さらに、一部の専門家は、これらのビールのグルテン検査が逐語的に行われているかどうかを疑問視しています (12、13)。

最も厳密に言えば、セラーでグルテンを避ける最善の方法は、グルテンが含まれるシリアルのみを使用したものを選ぶことです。

概要

通常、ワイン、サイダー、蒸留酒、リキュールの大部分はグルテンフリーです。セラーがグルテンを含まないベースから作られている場合、セラーはグルテンフリーである可能性があります。グルテンが好きすぎる場合は、グルテンフリーのビールをやめることを検討してください。

 

注文のヒント

 

グルテンフリーのアルコール飲料を購入する場合は、原材料が記載されていることを確認してください。

グルテンを含む以下の食材は避けてください。

  • 小麦
  • ライ麦
  • そば
  • 綴られた
  • カムット

これらの成分は、スプリンターの成分の参考文献として毎日強力です。

また、フォルスグルテンの兆候を調査するためのトレーニング施設にもなり得ます。これは、グルテンフリーのシリアルベースのビールとグルテンフリーのシリアルベースのビールを区別できるため、ビールを選択する場合に非常に有益です。

つまり、ラベルに「微量のグルテンが含まれている可能性がある」と表示されているアルコール飲料はやめたほうがよいのです。これは通常、グルテン含有食品も製造する鋳物工場向けに製造されており、別の方法でグルテンに汚染されている可能性があることを意味します。

また、グルテンに関する推奨事項があるかどうかをいつでも販売者に尋ねることができます。

概要

グルテンフリーの飲み物を購入するときは、原材料リストに小麦、ライ麦、そば、スペルト小麦、カムットが含まれているものは避けてください。また、「グルテンの痕跡が含まれている可能性がある」ものも避けてください。

 

グルテンの高級ブランド

 

以下に、グルテンを一般化した、グルテンの優れたブランドをいくつか紹介します。

  • ワイン: ほとんどすべてのワインはグルテンフリーですが、心配な場合はラベルを確認してください。
  • サイダー: ハードウッド サイダー、サイダー メーカー、エース サイダー、ダウンイースト サイダー、ステラ サイダー、グラウンドホッグ サイダー、およびストロングボウ ハード サイダーの 5 つのフレーバーのうち 4 つはグルテン フリーです。
  • 蒸留されたフーチ: ブランデー、ラタフィア、メスカルは通常グルテンフリーです。ショパンとティトのウォッカ、アンバイアスド ストリーム ジン、またはシュラメット アドヒアレント アピス ジェニー ビオティック ジンはグルテンフリーです。
  • リキュール: トルドガッツ、コアントロー、ディサローノ、スペーシャス マルニエ、ヘネシー、カルーア、サンブーカ、マティーニは強力なグルテンです。
  • グルテンフリーのビール: ホリデー レストラン、バーニング ブラザーズ、グルテンバーグ、スペクター フレティン、プラネット インテリジェンス、リサーチャーはグルテンです。

この参考文献は完全ではないことに注意してください。アルコールスナックが実際にグルテンフリーである場合は、必ずその成分リストを確認してください。

概要

上記では、グルテンの最新の選択肢がいくつか見つかります。成分のリストを調べることで、さまざまなブランドの適合性を確認できます。弁護士に相談することも検討してください。それらはグルテンにとって必須の役割を果たすことができます。

 

決定要因

 

店舗にグルテンフリーのオプションを用意したい場合は、さまざまなグルテンフリーのドリンクを確実に用意する必要があります。

飲んでも安全な食品とは、通常はグルテンを含まない材料で作られたものです。たとえば、小麦やそばではなく、カオリャンや小麦のベースです。

グルテンとグルテン含有成分の両方が含まれる可能性がある混合飲料や酒には注意してください。疑わしい場合は、成分表示を確認するか、ジン ディアボロやウォッカとメインランド シナモンのマティーニなど、安全な組み合わせを選んでください。

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください