ホーム アルコール / 依存症 / 違法薬物 アルコールは喉の痛みを引き起こす可能性がありますか

アルコールは喉の痛みを引き起こす可能性がありますか

12

アルコールによる身体への脱水作用、炎症、飲酒による免疫システムの低下など、さまざまな理由で飲酒後に喉の痛みを経験することがあります。

飲酒後の喉の痛みを防ぐには、飲酒中に水分を補給すること、アルコール摂取量を制限すること、喫煙を避けることが挙げられます。

アルコールによる喉の痛みを和らげる家庭療法には、ハーブティー、温かい塩水でうがい、加湿器の使用などがあります。

アルコールが飲酒後に喉の痛みを引き起こす仕組み、喉の痛みがどのような感じか、飲酒後の喉の痛みを避ける方法などについて詳しく学びましょう。

コンテンツ

なぜアルコールで喉の痛みが起こるのでしょうか?

お茶を持っている人の手

飲酒後に喉の痛みが発生する理由はさまざまです。

  • 脱水: アルコールは体と喉を脱水させ、乾燥や炎症を引き起こします。過度のアルコール摂取は、喉の渇き、疲労感、頭痛を引き起こす可能性もあります。
  • 炎症: アルコール摂取も喉を含む体全体に炎症を引き起こします。これにより、喉が乾燥してかゆみを感じることがあります。
  • 胃酸の増加: また、アルコールは胃酸を増加させ、喉の痛みなどの胸やけのような症状を引き起こす可能性があります。
  • アルコール過敏症: また、アルコールを飲むと皮膚が赤くなったり、副鼻腔詰まりなどの不快な影響を特徴とする、アルコールに対する急性過敏症を経験する人もいます。アルコールに対する急性過敏症による副鼻腔詰まりは、喉の痛みを引き起こす可能性があります。
  • 免疫力の低下: さらに、アルコールを大量に摂取すると免疫システムが弱まり、喉が風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなり、喉の痛みとして現れることがあります。

喉の痛みと胃酸逆流について学びましょう。

喉の痛みはどんな感じですか?

喉の痛みはさまざまな形で現れますが、通常は不快感や痛みを伴います。

喉にチクチク感、ヒリヒリ感、刺激感を感じ、飲み込んだり、話したり、呼吸したりすることさえ不快になることがあります。また、喉が渇き、咳払いをしたいという衝動が持続することもあります。

喉の痛みとかゆみについて詳しくご覧ください。

アルコールによる喉の痛みの治し方

アルコール摂取による喉の痛みの治療には、不快感を軽減し、治癒を促進するためのいくつかのアプローチが必要です。

  • 水分を補給しましょう: 喉を潤し、粘液を薄くするために、水、ハーブティー、透明なスープなどの水分をたっぷりと飲みましょう。
  • 塩水でうがいをします。 温かい塩水でうがいをすると、炎症を抑えて一時的に喉を和らげることができます。
  • アイスチップやトローチを吸う: 氷片やのど飴を吸うと、喉を麻痺させて痛みを和らげることができます。
  • 加湿器を使用する: 部屋で清潔な加湿器やクールミストヴェポライザーを稼働させると、空気に湿気が加わり、喉の乾燥を和らげることができます。
  • 温かい飲み物 : ハチミツ入りのハーブティーや、レモンとはちみつ入りの温水など、温かい液体を飲みましょう。
  • 咳蜂蜜: ハチミツは、大人と 1 歳以上の子供の咳を和らげるのに役立ちます。
  • 市販薬 (OTC): 症状を軽減するのに役立つ適切な市販薬については、医師または薬剤師に相談してください。アセトアミノフェンやイブプロフェンなどの鎮痛剤は痛みや炎症を軽減するのに役立ちますが、飲酒中または飲酒後に服用すると肝臓に影響を与える可能性があります。

喉の痛みが続いたり、悪化したり、発熱、呼吸困難、その他の懸念される症状を伴う場合は、医師の診察を受けてください。

喉の痛みに対する15の自然療法を学びましょう。

飲酒後の喉の痛みを防ぐ方法

飲酒後の喉の痛みを避けるために考慮すべきいくつかのヒントは次のとおりです。

  • 飲みながら水で水分を補給する
  • アルコール摂取を制限する
  • 喫煙を避ける
  • アルコール飲料とノンアルコール飲料を交互に飲む
  • 冷たい飲み物は避け、常温の飲み物を選ぶ
  • 屋外にいる場合は暖かく保ち、適切な服装をしてください
  • 十分な休息とバランスの取れた食事を摂る
  • 飲み物や食器の共有を避ける

アルコールに弱い人はアルコールを控えるしかないかもしれません。

アルコール不耐症について詳しく学びましょう。

よくある質問

このセクションでは、飲酒後の喉の痛みに関するよくある質問に答えます。

アルコールは喉頭炎を引き起こす可能性がありますか?

英国国民保健サービス (NHS) によると、アルコール乱用は喉頭炎を引き起こす可能性があります。

喉頭炎は発声器の炎症であり、多くの場合、感染症、声の使いすぎ、または刺激物によって引き起こされます。

アルコールは咽頭がんの原因になるのでしょうか?

アルコールは咽頭がんなどのがんを引き起こす可能性があります。

アルコール飲料に含まれる化学物質は、これらの領域の細胞に損傷を与え、癌性増殖のリスクを高める可能性があります。飲酒しながらの喫煙も咽頭がんのリスクを高めます。

アルコールで喉がやけどすることはありますか?

一部のアルコール飲料は、特に大量または高濃度で摂取した場合、喉に灼熱感を引き起こす可能性があります。

度数の高いアルコール飲料や成分が添加された飲み物は、喉の敏感な組織に触れると灼熱感を引き起こす可能性があります。

要約

アルコールを飲むと、脱水効果があり、炎症を引き起こし、喉の組織の乾燥や炎症を引き起こす傾向があるため、喉の痛みを引き起こす可能性があります。

また、アルコールは免疫システムを弱め、ウイルスや細菌の感染症にかかりやすくする可能性があります。

喉の痛みを治療するには、たくさんの水分を摂取する、塩水でうがいをする、トローチや蜂蜜を使用して緩和する、医療専門家に相談して適切な市販薬を入手するなど、さまざまな方法があります。

飲酒による喉の痛みを避けるために、専門家はアルコール摂取を制限し、アルコール飲料とノンアルコール飲料を交互に摂取して水分を補給することを推奨しています。

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください