ホーム 背痛 腰痛のエッセンシャルオイル:有望な治療法ですが...

腰痛に対するエッセンシャルオイル:有望な治療法だが、証拠は不十分

25

多くの文化では、痛みを含むさまざまな問題の治療に漢方薬が長年使用されてきました。伝統的な治療家の中には、背中の痛みを和らげるためにエッセンシャルオイルを使用する人もいます。少量の証拠はそれらが効果的である可能性を示唆していますが、科学的には決定的なものではありません。

エッセンシャルオイルと神経因性疼痛に関する2022年の研究論文によると、このテーマに関する研究のほとんどは不適切に設計されているか、動物モデルが使用されています。したがって、エッセンシャルオイルに関する有望な研究であっても、その有効性の決定的な証拠にはなりません。

現在のところ、エッセンシャルオイルが標準治療の有効な代替品であるという証拠はありません。この証拠の欠如は、オイルが効果がないことを証明するものではありませんが、さらなる研究が必要であることを意味します。

他のサプリメントや薬と同様、エッセンシャルオイルは副作用を引き起こす可能性があり、研究では処方薬より安全であることは証明されていません。

この記事では、エッセンシャルオイルが腰痛を軽減できるかどうか、その使用方法、考えられるリスクについて説明します。

研究では、エッセンシャル オイルには健康上の利点がある可能性があることが示唆されていますが、食品医薬品局 (FDA) はエッセンシャル オイルの純度や品質を監視または規制していないことを覚えておくことが重要です。エッセンシャルオイルを使用する前に医療専門家に相談し、ブランド製品の品質を必ず調査する必要があります。新しいエッセンシャルオイルを試す前に、必ずパッチテストを行う必要があります。

エッセンシャルオイルは腰痛を和らげることができますか?

油

エッセンシャルオイルが腰痛を軽減するという十分な科学的証拠はありません。

2016年のコクランレビューでは、ラベンダーエッセンシャルオイルが腰痛を軽減する可能性があるという証拠が見つかりました。重大な有害事象はありませんでしたが、証拠の質は中程度にとどまりました。最近では、2022年の研究で神経障害性疼痛が検討されましたが、ほとんどの研究は質が低く、動物モデルに依存していると指摘しています。

エッセンシャルオイルについて詳しく学びましょう。

仕組み

必須製品が痛みを軽減する効果があることを証明する十分な証拠はなく、研究者も、効果がある場合にどのように機能するかについての明確なモデルを開発していません。

エッセンシャルオイルには、体にさまざまな影響を与える可能性のあるさまざまな植物化学物質や植物化学物質が含まれています。 2022年の論文では、これらの化学物質が痛みを和らげる抗炎症作用と抗酸化作用を持っている可能性があると強調しています。

1.ペパーミント

腰痛の治療におけるペパーミントオイルの有効性を検証した、十分に管理された動物または人体での最近の研究はありません。いくつかの研究では、ペパーミントオイルのようなエッセンシャルオイルがリラックスや痛みの管理に役立つことが示されています。ただし、さらなる研究が必要です。

ペパーミントオイルの利点について詳しく学びましょう。

2. ラベンダー

少数の研究グループは、ラベンダーエッセンシャルオイルが痛みを和らげる可能性があることを示しました。

2017年の研究では、研究者らは安楽死させたラットの脳に対するラベンダーの効果をテストしました。彼らは、それがNMDAグルタミン酸受容体に作用することを発見しました。これは、痛みを引き起こしたり悪化させたりする可能性がある不安やうつ病を和らげる可能性があることを示唆しています。

2022年の記事では、ラベンダーには抗炎症作用があり、伝統的な中国医学(TCM)の実践者が頭痛の治療にラベンダーを使用していると主張しています。

ラベンダーの効能について詳しく学びましょう。

3.ユーカリ

2022年の小規模な研究では、研究者らは腰痛などの症状を伴う新型コロナウイルス感染後症候群の治療にユーカリオイルのアロマセラピーをテストした。ユーカリオイルを吸入した15人の参加者のうち、痛みの測定スケールにより、アロマセラピー治療後に背中の痛みが減少したことが明らかになりました。

ユーカリオイルの利点について詳しく学びましょう。

4.ローズマリー

伝統的な薬草医は、痛みや不安を和らげるためにローズマリーを使用することがあります。 2017年の研究では、ローズマリーの局所塗布が血液透析患者の筋骨格系の痛みを和らげることができることがわかりました。血液透析は血液から老廃物や水分をろ過する処置であり、この処置中に痛みが生じる場合があります。

逸話によると、ローズマリー軟膏をマッサージの一部として、またはアロマテラピーの準備として使用する人もいます。しかし、特に腰痛に対するローズマリーの使用を支持する、よく練られた最近の研究はありません。

ローズマリーの利点について詳しく学びましょう。

5.生姜

生姜は、カプサイシンを含む局所鎮痛軟膏の効果を模倣する穏やかな温感を引き起こす可能性があります。 2019年の記事では、前臨床研究でショウガには抗炎症作用、抗不安作用、鎮痛作用があることが示唆されていると説明されています。しかし、これらの研究の多くは古く、小規模であるか、またはヒト以外の動物のみを対象としています。

2020年のナラティブレビューでは、慢性腰痛の治療法としてショウガを評価した過去の研究を調査しました。二重盲検プラセボ対照試験とランダム化比較試験では、エッセンシャルオイルが慢性腰痛の緩和に役立つという証拠はほとんどありませんでした。

生姜の効能について詳しく学びましょう。

使い方

エッセンシャルオイルはサプリメントとみなされているため、その最適な使用方法について科学的なコンセンサスはありません。エッセンシャルオイルをマッサージオイルとして使用することもできます。皮膚の炎症を防ぐためにキャリアオイルで希釈する場合が最も安全です。

これらの戦略は、エッセンシャル オイルを安全に使用するのに役立ちます。

  • ごく少量から始めて、体の反応に応じて徐々に増量してください。
  • 他の薬を服用している場合は、まず医師に相談してください。
  • それぞれのエッセンシャルオイルがアレルギーやその他の症状を引き起こさないと確信するまで、それぞれ少量を使用してください。

エッセンシャルオイルは摂取すると危険で有毒となる可能性があります。ココナッツオイルやホホバオイルなどのキャリアオイルと一緒に局所的に塗布します。

メリット

腰痛に対するエッセンシャルオイルの利点は十分に確立されていません。いくつかの研究では、ショウガなどの多くのエッセンシャルオイルが標準的な治療法に追加したり、マッサージの一部として有用である可能性があることを示唆しています。そして、多くの人が逸話的に改善を報告しています。しかし、科学はこれらの主張に追いついていません。

エッセンシャルオイルが効果がある場合、次のような潜在的な利点が考えられます。

  • 薬を使用できない人、または症状の緩和が受けられない人のための代替治療法
  • 標準治療を補完するもの
  • 薬の服用が心配な方にとって、より自然な治療法です

リスク

研究者はエッセンシャルオイルの安全性を広範にテストしていません。潜在的なリスクには次のようなものがあります。

  • 標準治療を避けても症状は改善されない
  • 危険な可能性がある、または医学的に必要な薬の効果を低下させる可能性のある薬物相互作用
  • アレルギー反応と皮膚の炎症
  • 出血量の増加や血圧の変化など、根本的な健康上の問題を悪化させる可能性のある副作用

要約

エッセンシャル オイルは、特に標準的な治療を補完するものとして、痛みの治療に有望です。しかし、科学的証拠はそれらが安全であるか効果的であるかを決定的に裏付けていません。このため、標準的なトリートメントをエッセンシャルオイルに置き換えるべきではありません。

すべての薬とサプリメントは相互作用する可能性があるため、他の薬を服用中にエッセンシャルオイルを使用することも危険な場合があります。

慢性疾患に苦しんでいる人、または処方薬を使用している人は、エッセンシャルオイルを試す前に医師に相談する必要があります。しかし、研究では一般に、重大な副作用のリスクが高いことは示されていません。

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください