ホーム 健康情報 新型コロナウイルスの影響がどれくらい続くかについての新たな手がかり...

新型コロナウイルスが免疫系にどのくらいの期間影響を与えるかについての新たな手がかりが治療につながる可能性はあるのか

21

新型コロナウイルスが免疫系にどれだけの期間影響を与えるかについての新たな手がかりが治療法につながる可能性はあるだろうか?

  • 長期にわたる新型コロナウイルスの衰弱性にもかかわらず、長期にわたる新型コロナウイルスの診断検査や治療ツールが不足している。
  • 新しい研究では、長期にわたる新型コロナウイルス感染症患者と健康な人から採取した血液サンプルを分析した。この研究結果は、6か月という長期にわたる新型コロナウイルス感染症患者において、免疫系の一部である補体経路と血液凝固経路の調節不全を示唆している。
  • これらの免疫および血液凝固経路における特定の分子の変化は、6か月および12か月での長期にわたる新型コロナウイルス感染症の症状の持続を予測し、長期にわたる新型コロナウイルスの診断ツールの開発におけるこれらの措置の有用性を示した。
  • これらの免疫経路と血液凝固の調節不全は、これらの経路を標的とした治療法が長期にわたる新型コロナウイルスの治療に役立つ可能性があることを示唆しています。

SARS-CoV-10 に感染した人の約 20% ~ 2% は、発症後 XNUMX か月を超えても持続的な症状を経験します。長期コロナウイルスと呼ばれるこれらの症状は衰弱させる可能性がありますが、診断ツールや治療ツールが不足しています。

に公開された新しい研究 科学らは、SARS-CoV-2感染後XNUMXか月にわたって新型コロナウイルスの症状が長く続いている患者には、血液凝固系と免疫系の一部である補体経路の調節不全があることを発見した。

長期にわたる新型コロナウイルス感染症患者の凝固と免疫系のこうした変化は、6か月後の症状の持続を予測することが示されている。これらにより、診断ツールの開発が可能になる可能性があります。さらに、血液凝固や免疫系の変化に対抗する治療法は、長期にわたる新型コロナウイルスの症状を軽減するのに役立つ可能性がある。

ヨハネス・グーテンベルク大学血栓止血センター(CTH)の科学ディレクターであるヴォルフラム・ルフ博士は、付随する社説で次のように書いている。

「急性COVID-19に対する凝固阻害剤と補体阻害剤による治療介入はさまざまな結果をもたらしましたが、Long Covidの特定の病理学的特徴は、臨床試験への介入の可能性を示唆しています。

新型コロナウイルス感染症の長期化の潜在的な原因

ロング COVID とは、SARS-CoV-2 感染の急性期後に持続または発症する XNUMX つ以上の症状を指します。長期にわたる新型コロナウイルス感染症の一般的な症状には、筋力低下、疲労、頭の霧などがあります。

組織損傷、持続的な炎症、自己抗体産生、および潜在ウイルス保有者の再活性化は、研究されているいくつかの要因です。長期にわたる新型コロナウイルスを引き起こすために抵当に入れられている。しかし、長期にわたる新型コロナウイルス感染症の根底にある正確なメカニズムについての知識が不足しているため、診断ツールや標的療法の開発が妨げられている。

いくつかの研究では、新型コロナウイルスの感染期間が長い人は免疫系の調節不全を示していることが示されています。今回の研究では、6か月の長期にわたる新型コロナウイルス感染症に関連する免疫系の変化をさらに調査した。

新型コロナウイルスの感染期間は血清タンパク質レベルにどのような影響を及ぼしますか?

この研究には、39人の健康な参加者と113人のSARS-CoV-2感染者が含まれていた。 SARS-CoV-12感染症発症後の2カ月の追跡期間中、急性SARS-CoV-40感染症の参加者113人中2人が、6カ月の追跡調査時点で少なくともXNUMXつの持続症状を示した。訪問。

血清サンプルは、感染の急性期および感染後 6 か月の間に参加者から収集されました。これらの血清サンプルは、500 を超えるタンパク質の変化を定量化するために使用されました。

6ヵ月の時点で新型コロナウイルスの症状が長期間続いた参加者は、健康な人や6ヵ月の時点で新型コロナウイルスの症状が長期間続いていない参加者と比較して、補体系に属する血清タンパク質の変化を示した。補体系は自然免疫系の一部であり、細菌に対する防御の第一線です。

補体系の活性化は、病原体や損傷した組織に対する免疫反応を引き起こすのに役立ちます。補体経路が活性化すると、補体系に属する血漿タンパク質が相互作用して末端補体複合体を形成します。末端補体複合体は、病原体や損傷した細胞の表面に結合したり、膜に挿入したりして、細胞死を誘導したり、食細胞による貪食による細胞の除去を促進したりします。

研究者らは、2ヵ月の長期にわたる新型コロナウイルス感染症患者の間で、急性SARS-CoV-6感染中および診断後XNUMXヵ月で補体経路の活性化が増加していることを発見した。生後XNUMXか月の新型コロナウイルス感染症患者における補体経路の活性化と終末補体複合体形成の増加は、組織損傷を引き起こす可能性がある。

補体系タンパク質は、それぞれ異なる種類の分子が関与する 3 つの異なる経路によって活性化されます。補体活性化の 3 つの経路には、古典経路、副経路、およびレクチン経路が含まれます。

6か月の期間で新型コロナウイルス感染症に罹患した人は、新型コロナウイルス感染症に罹患してから6か月が経過した患者や健康な患者に比べ、古典経路と副経路の活性化を介して終末補体複合体形成に関与する分子の発現が増加したことが示された。

長期にわたる新型コロナウイルス感染症は凝固系の変化と関連していた

3 つの補体活性化経路に加えて、血液凝固を促進するタンパク質であるトロンビンも補体経路の活性化を引き起こし、末端補体複合体の形成を引き起こす可能性があります。

6か月の追跡調査で、長期間にわたって新型コロナウイルスの症状を示した患者は、健康な人と比較して、急性期およびSARS-CoV感染発症後2か月の間に、トロンビンを阻害する酵素であるアンチトロンビンIIIのレベルを示したXNUMX。アンチトロンビン III のレベルが低下すると、出血がない状態での血栓の形成を特徴とする血栓症のマーカーの発現が増加しました。

6か月という長期にわたる新型コロナウイルス感染症患者では、炎症と血栓症のマーカーが同時に増加していた。炎症と血栓症が同時に起こることを血栓炎症といいます。

6か月という長期にわたる新型コロナウイルス感染症患者に見られる血栓炎症の兆候には、赤血球の破壊や血管の内側を覆う内皮細胞の機能不全が含まれていた。さらに、これらの患者では、血液中の組織損傷マーカーも増加していました。

血栓炎症に関連するこれらの変化は、生後6か月の新型コロナウイルス感染症患者における補体系の調節不全を反映している。新型コロナウイルス感染症の長期罹患患者における凝固系の調節不全も、心血管の健康状態評価の必要性を浮き彫りにしている。

研究者らは、特定の補体タンパク質レベル、凝固系のバイオマーカー、年齢、BMIの変化が、6か月と12か月の長期にわたる新型コロナウイルスを予測することを発見した。

MNT この研究には関与していないワシントン大学医学部助教授のフリシケシュ・クルカルニ博士に話を聞いた。クルカルニ博士はこう語った。

「著者らは、公平なスクリーニングを使用し、補体系が細胞に損傷を与える膜攻撃複合体の異なる成分を使用してそれを確認することで、補体活性化の一貫した増加がLong COVIDの重要な特徴であることを実証しました。さらに、2 つのタンパク質比の測定を統合したモデルは、特に 12 か月にわたる長期にわたる COVID に関して、年齢や BMI を含むすでに良好な臨床モデルを改善します。

長期にわたる新型コロナウイルスの潜伏ウイルスの活性化

古典的補体経路は、体組織に存在するウイルスタンパク質または自己抗体への抗体の結合によって活性化されます。現在の研究では、生後6か月の新型コロナウイルス患者の血清から、ヘルペスウイルスの一種であるサイトメガロウイルスに対する抗体の増加が示された。

これは、以前のヘルペスウイルス感染の再活性化に対する炎症反応が部分的に原因で、長期にわたる新型コロナウイルスの症状が発生する可能性があることを示唆する証拠と一致している。特定の組織における SARS-CoV-2 の持続も、免疫応答を引き起こす可能性があります。

これらの結果は、ヘルペスウイルスのタンパク質への抗体の結合が補体系の活性化に寄与している可能性があることを示唆しています。これらの結果は、補体活性化の増加の説明に加えて、ヘルペスウイルスとSARS-CoV-2を標的とする抗ウイルス薬が長期にわたる新型コロナウイルスの症状を改善する可能性があることを示唆している。

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください